« 国境なき少年少女団 | Main | 会いにゆきます »

本が売れない、出版されない、その先...

 本が売れないどころか出版さえされないというのは、いまのこの国の多くの作家さんたちが抱える深刻な問題だと思います。出版界はもうそのぐらい大変なところまで来てしまっているんですね。書店さんもそうです。どんどんとまわりの本屋さんが消えていく。寂しいかぎりです。
                                                                                                                                                                                       
 それでもぼくが小説を書き続けるのは、物語には世界を変える力があると信じているからです。世界最大のベストセラーである聖書なんかまさにそうですね。ひとりでは無理でも、みんなが手を携えて世界が優しくなるような物語を紡いでいけば──「国境なき作家団」のようなネットワークをつくって、寛容や協調、非暴力の物語を語り続けてゆけば、少しは未来をよくすることが出来るかもしれない。外罰的、排他的、暴力的物語があふれ返っているこの世界になんとか歯止めを掛けたい。バランサーとしての物語ですね。
                                                                                                                                                                                      
 こんなことを誰かと会うたびに訴え続けてきました。たいていは軽く流されます。かなり誇大妄想的ですから煙たがられることもあります。でも、共感してくれるひとたちもいて、それが少しずつ広がっています。世界中に。
 いまのこの世界の状況は一国でどうなるものではないので、ネットワークも星を覆うものでなくてはいけなません。なので、せっせといろんな国のひとたちを巻き込もうとしています。
                                                                                                                                                                                       
 今年もずっと海外との交流を続けています。
 春先には、インドの創作カレッジの生徒さんたちとスカイプをつかってビブリオトークをしました。彼らは「BE WITH YOU」を教科書につかってくれていたんですね。このときはアメリカとインド、日本の三ヶ国でトークをしたので、ちょっと不思議な感じでした。先生たちとも交流が出来て、もし「世界を優しくするための物語」が出版されたら、インドでも広めてくれるようお願いしました。彼らはプロの創作者でもあるので。
                                                                                                                                                                                      
 四月には「いま、会いにゆきます」の韓国版が日本で公開になって、監督さん一家が日本にいらっしゃいました。すっかり意気投合して、今度は我が家に遊びに来ていただく約束をしました。いつか「世界を優しくするための物語」を監督にお願いできたら、と思っています。とても優しい方なので。
                                                                                                                                                                                        
 これと平行してフランス国営放送のジャーナリストの方とずっといろいろ企画を相談しています。ヨーロッパの作家さんたちとも、なんとかしてネットワークを結びたいと考えています。
 秋には、この運動のサンプルのようなものをヨーロッパでリリースできるかもしれません。まずはそこからですね。ノーベル平和賞の受賞者とかいろんなひとたちに送ってみようと思ってます。まったくもって非常識かつ無謀な行為ですが、ぼく自身がとことん非常識かつ無謀な人間なので、こういうのは得意です。
 なんでもそうですが、なにかを手掛けると一番天辺に向かって進もうとする習性がぼくにはあります。二十代のとき、初めて小説を書いて、いきなりハリウッドでの映画化を願いましたから。そしたらほんとにオファーをもらったんだから、なんだって願えば叶うと思い込んじゃいますよね。思い込みこそ人生を切り開く最強のエンジンです。

|

« 国境なき少年少女団 | Main | 会いにゆきます »