« 似顔絵を風景で描いてもらいました | Main | 市川拓司「避難民たちの夜」@B&B トークショー3 »

市川拓司「避難民たちの夜」@B&B トークショー2

P12107301

 静止画にして音声だけを聞いてみると、異常に早口ですね。
 こんなに早口だとは思わなかった。このブログでぼくの声を公開するのは初めてのことだから、驚く方多いかもしれませんね。
 いや、しかし...
 自分では、宇多田ヒカルさんや黒柳徹子さんぐらいのスピードかな、ぐらいに思っていたけど、ここまで早口とは。
 多くの編集者さんや作家の方たちから、「市川さんは小説家の中で一番おしゃべりだ」と言われてきたけど、それを印象づけているのは、このしゃべる速度も理由のひとつかもしれませんね。あと、異常なまでに声がでかい。この日も、マイク渡されたけど、けっきょく使わなかった。子供の頃から、いろんな「大声大会」で優勝してきた喉ですからね。マイクなんかまったく必要ない。
 この音圧と、この速度で5時間も6時間もノンストップでしゃべり続けるのだから、相手をする人間からしてみれば、「このひとは度を超えたおしゃべりだなあ」と思うのは当たり前かも。
 まあ、多弁症とも言われているし。やまいだれが付くほどのおしゃべり。脳内物質が溢れ出ているものだから、加減ができない。
 2時間のトークショーで他のひとたちの4時間分をしゃべってる。
 こうやって動画で、客観的に自分を見られたのは、いい体験になりました。
 

|

« 似顔絵を風景で描いてもらいました | Main | 市川拓司「避難民たちの夜」@B&B トークショー3 »