« 台風接近 | Main | 冬の景色 »

ぼくの部屋

room

 いよいよ17年近く暮らしたアパートが取り壊されることになりました。一番最初に入居して、一度も移動せず、おそらく最後の入居者になることでしょう。その間、他の部屋は5~10回ぐらいは住人が入れ替わっています。最近ではうち以外はほとんど空き家状態だったので、取り壊しもいたしかたのないことだと思います。
 そんなわけで、最後の記念に写真を撮って公開します。ちょっと前にNHKBSでも、かなり我が家が映っていたので見た方もいらっしゃると思います。ずっと部屋の撮影はNGで来たのですが(古くてごちゃごちゃしてるので見苦しい)、NHKさんは半年以上撮影があったので、だんだんなし崩し的にNGラインが後退していく感じで、まあ、かなり映っていましたよね。

 画像をクリックして大きくするとナンバーが見えるかと思います。
 ①は、奥さんの仕事で使うCD群。クラシック、サントラ、ニューエイジ系。あとは、ダンスに使うユーロビート、ハイエナジー、ヒップホップ。
 ②は、バンダイのスペースワープ5000。玉転がしおもちゃ系のインテリアです。
 ③は、友人ががちがちに改造したエレクトリックギター。まだ、あちらこちらに塞いでいない穴があります。
 ④は、東南アジアのサトイモ科の観葉植物。かれこれ7、8年は我が家にいるはずです。おそろしく元気。
 ⑤は、苔水槽。タマゴケとかスギゴケとかそんなの。あとシダ系の植物が入ってます。ミスト発生装置でつねに湿度を90%ぐらいに保っています。ただ、夏場の暑さで(40度超)、タマゴケがダウン。回復待ち状態。
 ⑥は、制作中のNゲージのレイアウト。フルスクラッチに近いので、なかなか進みません。レンガの組み方とか、鉄橋のリベットの数とか、そういうのが気になって、資料を集めるのに時間が掛かります。
 ⑦は、120cm水槽。いま、すごく状態がいいので、取り壊すのが惜しいくらいです。でも、アクリル製なので、表面の傷も多いし、少しダルマ状態にもなっているので、お役目ゴメンとなりそうです。
 


room2

 部屋の反対側。
 ①は、水槽に添加する「メネデール」。これが欠かせません。その隣に見えるのは、拾ってきた石。ここ以外にも、あちゃこちゃに転がっています。
 ②は、アジアンタム。水槽の水の中に根がある状態ですが、根腐れもおこさず元気です。日に何度も霧吹きで葉に湿気を与えているので、いまのところ枯れる様子は見られません。
 ③は、撮影のときに使った温度計。ぼくは「計測器」が大好きで、この部屋だけで温度計が三つあります。あと湿度計も。家中に温度計があります。気圧計もあるし、またプロトレック買おうか迷っています。メジャーもいっぱいあるし、とにかく計るのが好きです。
 ④は、ピタゴラスイッチみたいな転がりおもちゃ。圧縮紙と角材とアクリル板でつくりました。ギミックを試すための試作品です。いずれ基礎を東京タワーのような骨組みにして、そこに様々なギミックを施した作品をつくる予定です。それとは別に、地中海の町を模したミニチュアをつくり、そこに鉄球を転がす作品も制作予定。
 ⑤は、13歳の時に買ったガットギター。ナイロン弦が弾きたくなって、復活させました。確か六千円ぐらいだったような...
 ⑥は、昼飯一回分で友人から譲り受けたKORGのキーボード。ギターほどにはいじりません。子供専用になってます。


room3

 こっちは、仕事をする場所。
 ①は、番号のすぐ上にあるのが、ぶら下がった五つの鉄球がカチカチとぶつかりながら往復運動をするインテリア。精度が甘いので、あまり長く続きません。改造の余地有り。
 ②は、キャンディーズのCANDIES PREMIUM ALL SONGS CD BOXに付いてきたフィギュア。ひとり多いように見えるが、それは京都で買った観音菩薩像。
 ③は、バンダイのスペースワープ3500。5000よりもひとまわり小さいタイプ。早く、オプション部品を売り出してもらいたいです。
 ④は、いつの間にかたまってしまった小物。数字が重なっているところが温度、湿度計。その隣が、小さな人体模型。本の付属模型だったのを、完全に切り離して一から造り直しました。温度計の裏にあるのが、木粘土でつくった転がりおもちゃ。小さな山を球が螺旋状に転がり落ちる仕組みです。おそらく子供のときから数えれば、この形は、百はつくってきたと思います。小学校のとき、クラスでブームを起こしました。あのときは油粘土だったんですが、縁日のアンズ売りみたいに、ゴールにアタリとハズレがあり、それで球となる粘土玉を賭けるという遊びです。おもしろいかたちを作ると人気が集まり、うまくアタリ率を設定できれば、粘土玉がどんどん入ってくるので、ぼくは粘土長者になりました。
 その隣は、東急ハンズで買った変なオブジェ。メタリックの真円の台座にマグネットが入っていて、その上にのっている大小様々な鉄球を捏ねていろんな形をつくるというもの。ぼくはそこに、コンビニエンスストアーで買ってきたプラ板模型のペンギンを立たせ、その脚の上にクラフトショップで買ったアクリルの球を乗せて、皇帝ペンギンのジオラマ風にしています。
 あとは、食玩のフィギュアと、木やアクリル、鉄製の球が、その隙間を埋めるように転がっています。

|

« 台風接近 | Main | 冬の景色 »